出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

岩波書店の年収・給料

岩波書店とは

1913年(大正2年)8月5日、岩波茂雄が東京市神田区南神保町16番地(現・東京都千代田区神田神保町)に開いた古書店として出発。正札販売方法を採用し、注目を集めた。翌1914年(大正3年)に夏目漱石の『こゝろ』を刊行し、出版業にも進出。漱石没後に『夏目漱石全集』を刊行し、躍進する。看板は漱石の筆による。
多くの学術書を出版するだけでなく、岩波文庫や岩波新書を出版するなどして古典や学術研究の成果を社会に普及させることに貢献。文化の大衆化に多大な影響を与えた。岩波文庫巻末の岩波茂雄の「読書子に寄す」は名文。さまざまな哲学などの名著を出しており、日本人の教育に一役買っている。昭和時代にはしばしば、大衆的な路線を貫く講談社と対比された。
戦前には、いわゆる共産主義講座派の拠点であった。
1933年(昭和8年)12月10日にミレーの絵画『種をまく人』を題材にとったマークの使用を開始。1949年(昭和24年)4月25日に株式会社に改組。社長も岩波家の世襲から脱した。
戦後は、日本の単巻辞書としては最大級の収録数を誇る国語辞典『広辞苑』(新村出著・編)の発行で知られている。
その他、ISBN(=世界共通で図書を認識する為に記載されるコード)の出版者記号が「00」であったり、委託販売が中心の書籍流通にあってもほぼ買切りでの取り扱いであることなど、出版社の「王様」と言われるほど際立った存在である。
本社の隣には一ツ橋グループの小学館、集英社がある。

 

スポンサーリンク

岩波書店の年収・給料

かつては業界内では最も高い給与体系としても知られていたが、現在は大手~中堅出版社の中間くらいである。以下は推定賃金。(当サイト調べ)

■月給
大卒初任給:240000円
30歳:299000円
40歳:397000円
50歳:484000円
60歳:520000円

ここに賞与・手当などが加算されると、40代で平均年収750~800万円ほどではないかと推測される。
国税庁の統計(平成25年)によると、民間給与取得者の平均年齢は45.2歳。平均年収は414万円、正規雇用に限定すると平均年収473万円となっており、これと比較すると岩波書店の40代平均年収750~800万円はかなりの高所得と言うことができる。
さらに休日も他社と比べて長めと言われており、対労働時間賃金で見ても好条件である。

業種別平均年収を見ると、出版業が含まれる「情報通信業」の平均年収は592万円となっており、この数字と比較しても岩波書店の年収は高い。

 

2013年度”縁故採用”問題

岩波書店は過去に縁故採用を公式に宣言し話題となったことがある。縁故採用自体については賛否両論あるようだが、就職を考えるに当たりこのような事実が過去にあったことは把握しておくべきだろう。


応募資格は“コネ”のある人―。
老舗出版社の岩波書店(東京)が、2013年度定期採用で、応募条件として「岩波書店(から出版した)著者の紹介状あるいは社員の紹介があること」を掲げ、事実上、縁故採用に限る方針を示したことが2日分かった。
同社の就職人気は高く、例年、数人の採用に対し1000人以上が応募。担当者は縁故採用に限った理由を「出版不況もあり、採用にかける時間や費用を削減するため」と説明。入社希望者は「自ら縁故を見つけてほしい」としている。
リベラル系の有名出版社が縁故採用を「宣言」したことに対し、インターネット上の投稿サイトなどでは「どの会社でもやっていること」「機会の平等を無視している」「採用側が条件にするのはおかしい」などとさまざまな意見が飛び交っている。(sponichi.co.jp 2012/2/2記事より抜粋)


スポンサーリンク

出版社の年収・給料
DVDレンタル