出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

【参考】サラリーマンの平均年収

国税庁は毎年、『民間給与実態統計調査』を公表している。これを見ると年代別サラリーマンの平均年収が分かる。2014年9月に発表されたデータは以下の通りである。

給与取得者の平均年収

全体:414万円(男511万円 女272万円)
正規雇用:473万円(男527万円 女356万円)
非正規雇用:168万円(男225万円 女143万円)

 

平成25年時点において、給与取得者全体の平均年収は414万円となっている。
ただし、正社員とそうでない雇用形態の差が著しく大きく、正社員の平均年収は473万円となっている。
また、男女の平均年収差は239万円となっており、ここにも著しい差がみられる。
さらに正規・非正規の差は激しく、305万円の年収差である。
性別・雇用形態によって年収の違いがかなりあるという結果が見て取れる。

 

スポンサーリンク

年代別平均年収

19歳以下:126万円(男142万円 女106万円)
20歳~24歳:246万円(男265万円 女226万円)
25歳~29歳:339万円(男371万円 女295万円)
30歳~34歳:384万円(男438万円 女294万円)
35歳~39歳:425万円(男499万円 女297万円)
40歳~44歳:459万円(男568万円 女290万円)
45歳~49歳:491万円(男638万円 女292万円)
50歳~54歳:491万円(男649万円 女281万円)
55歳~59歳:485万円(男629万円 女275万円)
60歳~64歳:362万円(男460万円 女221万円)

nensyu01

賃金カーブは45~54歳をピークとして曲線を描いている。
ただし、男性が50~54歳を頂点として年収が増加していくのに対して、女性は年齢差があまりなくほぼ横ばいのまま推移している。

 

 

業種別平均年収

建設業:451万円
製造業:476万円
卸売業、小売業:360万円
宿泊業、飲食サービス業:233万円
金融業、保険業:617万円
不動産業、物品賃貸業406万円
電気・ガス・熱供給・水道業:696万円
運輸業、郵便業:414万円
情報通信業:592万円
医療、福祉:387万円
学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業:498万円
複合サービス事業:412万円
サービス業:340万円
農林水産・鉱業:289万円

 

1位は電気・ガス・熱供給・水道業の696万円。
2位は金融業、保険業の617万円。
出版社は「情報通信業」のため、平均年収592万円と3番目に高収入の業種である。
最下位は宿泊業、飲食サービス業の233万円。

nensyu02


スポンサーリンク

出版社の年収・給料
DVDレンタル