出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

福音館書店の年収・給料

福音館書店とは

福音館書店は、東京都文京区に本社を置く絵本や児童書の刊行を中心とした出版社である。略称「福音館」。
福音館書店は1916年にカナダ人の宣教師によって開かれた「書店」として始まった。この書店は石川県金沢市につくられ、お店の名前は「福音館」。キリスト教関連の本を扱う書店としてスタートした(現在も金沢市で営業を続けている)。
その後1940年に戦争がはじまりカナダ人宣教師が日本から引き揚げたのを機に、事業を名古屋市の星野書店の北陸担当番頭だった佐藤喜一が引き継いだ。
1951年3月、佐藤の娘身紀子の恋人だった(のち夫となる)松居直が、佐藤の招きで編集を担当。このとき実験的に作った「福音館小辞典文庫」シリーズが成功を収めたため、翌1952年2月、正式に福音館書店が発足した。1952年8月、会社の本拠地が金沢から東京都千代田区神田三崎町に移転。
1953年、月刊誌「母の友」を創刊。以後、児童書の分野に進出。書店委託ではなく買切り制にしたこと、紙面に他社広告を一切入れないことという二大方針を守って読者から信頼を得る。
1956年、創作絵本「こどものとも」を発刊。この絵本の第1号から第11号までが産経児童出版文化賞を受けたことで、児童出版社としての地位を確立した。
主な児童書として、
・『ぐりとぐら』
・『エルマーの冒険』
・『魔女の宅急便』
・『ピーターラビット』
・『タンタンの冒険』
・『うさこちゃん(ミッフィー)』
・『パディントン』
など、名立たるロングセラーを刊行している。

 

スポンサーリンク

福音館書店の年収・給料

福音館書店は出版業界だけでなく、日本でも有数の高賃金の企業として知られている。以下は推定賃金。(当サイト調べ)

■月給
大卒初任給:433000円
30歳:560000円
40歳:710000円
50歳:825000円
60歳:900000円

ここに賞与・手当などが加算されると、40代で平均年収1200万円以上ではないかと推測される。
国税庁の統計(平成25年)によると、民間給与取得者の平均年齢は45.2歳。平均年収は414万円、正規雇用に限定すると平均年収473万円となっており、これと比較すると福音館書店の推定40代平均年収1200万円以上は極めて高い給料であると言うことができる。

業種別平均年収を見ると、出版業が含まれる「情報通信業」の平均年収は592万円となっており、この数字と比較しても福音館書店の推定年収は極めて高い。

 

福音館書店の年収が高い理由

まず挙げられるのは刊行物にロングセラーが極めて多いという点である(『ぐりとぐら』『エルマーの冒険』『魔女の宅急便』『ピーターラビット』『タンタンの冒険』『うさこちゃん(ミッフィー)』『パディントン』等)。一般に出版社というのは、新刊を出してその利益を次の企画へ回し、自転車のように運営していくものであるが、福音館書店のようなロングセラーを数多く抱える出版社は、過去の出版物の売り上げがなかなか落ち込まず、半永久的に利益をもたらしてくれるため、長期的に見て非常に高利益を得られる構造となっている。
 
また児童書というのは、通常の取次・書店ルート以外への販路が大きいことでも知られており、このような市況に左右されない販売ルートが経営を安定させていると言われている。
 
さらに一説には、キリスト教と福音館書店の関係性が、企業の内部留保を抑える体質に繋がっていると言われている。つまり企業として利益を追求するだけでなく、社員にもきちんと利益を配分するようにと企業内で考えられているようである。


スポンサーリンク

出版社の年収・給料
DVDレンタル