出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

河出書房新社の年収・給料

河出書房新社とは

東京都渋谷区千駄ヶ谷にある出版社。文芸誌『文藝』による文学賞「文藝賞」が特に有名で、数多くの作家を輩出している。

歴史は古く、1886年に河出靜一郎によって岐阜の「成美堂書店」の東京支店として日本橋に設立されたのが始まりである。当時は教科書や学習参考書を中心に出版していたが、農学関係書の刊行が次第に増えていった。
1933年に二代目の河出孝雄が河出書房に改称し、文芸書や思想書を中心に刊行するようになった。1944年には改造社より文芸雑誌『文藝』を買い取った。1945年の東京大空襲で被災し、千代田区神田小川町に移転する。
1950年に刊行した笠信太郎『ものの見方について』がベストセラーとなる。1954年に創業70周年記念企画として総合雑誌『現代生活』の創刊を公告するも、立ち上げの資金を編集スタッフが持ち逃げ。『現代生活』は『知性』という名で創刊するが、これが遠因となって1957年に経営破綻。新たに河出書房新社を創設し再建された。しかし1967年に会社更生法を申請し再度倒産。1977年に品川区東大井から新宿区住吉町に移転し、2年後に千駄ヶ谷に移転して現在に至る。
1962年より文藝賞を創設した。主な受賞作は1981年、田中康夫『なんとなく、クリスタル』、堀田あけみ『1980アイコ十六歳』、83年、唐十郎『佐川君からの手紙』、87年、俵万智『サラダ記念日』、2001年、綿矢りさ『インストール』など。幾多の名著、話題の書を世に送り出してきた。
また近年では「大人の塗り絵」シリーズが大ヒットし「大人の塗り絵クラブ」などの運営も手掛け、コンテスト等も積極的に開催している。

河出書房新社のビルの1階に入っている喫茶店「ふみくら」はレトロで食事もおいしいと評判である。

 

スポンサーリンク

河出書房新社の年収・給料

以下は推定賃金。(当サイト調べ)

■月給
25歳:242000円
30歳:310000円
40歳:416000円
50歳:470000円

ここに賞与・手当などが加算されると、40代で平均年収750万円~800万円ほどではないかと推測される。
国税庁の統計(平成25年)によると、民間給与取得者の平均年齢は45.2歳。平均年収は414万円、正規雇用に限定すると平均年収473万円となっており、これと比較すると河出書房新社の40代推定平均年収750万円~800万円は高い水準と言うことができる。

業種別平均年収を見ると、出版業が含まれる「情報通信業」の平均年収は592万円となっており、この数字と比較しても河出書房新社の推定年収は高いことがわかる。


スポンサーリンク

出版社の年収・給料
DVDレンタル