出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

明治図書出版の年収・給料

明治図書出版とは

明治図書出版は、主に学校教員を対象とした指導書、教育技術書、ワークブックなどの教育専門書を発行している出版社。
1912年に創業。
本社は東京都北区(2012年12月に本社を豊島区南大塚から北区滝野川へ移転)。

教科書の会社と誤解されることがあるが、正確には教科書は作っておらず、教師向けの教育専門書や小・中学校の学習参考書を出版している。

主な刊行物は以下の通り。

○○の学習シリーズ
積み上げシリーズ
整理と対策シリーズ
ご当地キャラドリルシリーズ

■月刊誌
授業力&学級経営力
教育科学 国語教育
教育科学 社会科教育
教育科学 数学教育
道徳教育
楽しい体育の授業

■隔月誌
実践国語研究
特別支援教育の実践情報

■季刊誌
LD&ADHD,ASD

このほか「明治図書オンラインブックストア」や、教育専門のポータルサイト「教育zine」の運営など、電子書籍やインターネットでの事業も積極的に取り組んでいる。
最近では明治図書出版がDRMフリーの電子書籍販売に踏み切り、大きく報道された(以下引用)。


明治図書出版、DRMフリーの電子書籍を発売
明治図書出版は、学校教員向けの指導書や教育技術書、ワークブックなどの教育専門書を発行している出版社。教員のPCやタブレット端末などの普及率や利用状況を鑑み、デバイスやアプリなどに依存しないDRMフリーの電子書籍を販売することに決めたという。EPUBまたはPDF形式で用意され、購入した電子書籍は、私的使用目的に限りコピーや印刷も可能。
明治図書オンライン ブックストアでは、まず2013年刊行書籍を電子書籍として配信。教育雑誌のバックナンバーのPDF版についても販売開始時期を繰り上げるとしている。
(http://ebook.itmedia.co.jp 2014年07月31日記事より引用)

 

スポンサーリンク

明治図書出版の年収・給料

以下は推定賃金。(当サイト調べ)

■月給
大卒初任給:220000円
30歳:284000円
40歳:380000円
50歳:473000円

ここに賞与・手当などが加算されると、40代で平均年収700万円ほどではないかと推測される。
国税庁の統計(平成25年)によると、民間給与取得者の平均年齢は45.2歳、平均年収は414万円、正規雇用に限定すると平均年収473万円となっており、これと比較すると明治図書出版の40代推定平均年収700万円は高いと言える。

業種別平均年収を見ると、出版業が含まれる「情報通信業」の平均年収は592万円となっており、この数字と比較しても明治図書出版の推定年収は高い水準である。


スポンサーリンク

出版社の年収・給料
DVDレンタル