出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

古本夜話839 新潮社「新日本少年少女文庫」と『日本文学選』(出版・読書メモランダム)

『新潮社七十年』は「日本少国民文庫」に続いて、昭和十四年から島崎藤村編「新日本少年少女文庫」全二十巻の刊行を始めたが、内容は「日本少国民文庫」と大同小異であるが、福永恭助『国の護り(陸・海・空)』を第一回配本としたことはすでに時局の緊迫を思わせる」と述べている。 (『国の護り』) この明細が『日本児童文学大事典』に収録されているので、それを引いてみる。なおここでは23まで挙げられているが、刊行は20で終了したと見なし、それらは省く。 1 高須芳二郎 『日本とはどんな国か』 2 菊池寛 『海外に雄飛した人々』 3 加藤武雄 『愛国物語』 4 福永恭助 『国の護り』 5 太田正孝 『資源と産業 国…

続きを読む


スポンサーリンク

本のニュースまとめ
DVDレンタル