出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

古本夜話863 改造社『新日本文学全集』と『川端康成集』(出版・読書メモランダム)

鎌倉文庫のことなどから、少しばかり戦後に足を踏み入れてしまったけれど、ここで再び戦前へと戻らなければならない。それに鎌倉文庫の中心人物といえる川端康成の一冊があるからだ。その一冊とは『新日本文学全集』第二巻の『川端康成集』で、昭和十五年九月に改造社から刊行されている。これは第六回配本に当たり、「同月報」第六号が付され、そこには次のような「新日本文学全集総案内」の一ページ掲載がある。 1『横光利一集』 2『川端康成集』 3『岸田国士集』 4『牧野信一 梶井基次郎 嘉村礒多 北条民雄集』 5『瀧井孝作 堀辰雄集』 6『尾崎士郎集』 7『中野重治 宇野千代集』 8『林房雄集』 9『武田麟太郎集』 1…

続きを読む


スポンサーリンク

本のニュースまとめ
DVDレンタル