出版社採用情報まとめ

スポンサーリンク

古本夜話883 徳川義親、朝倉純孝『馬来語四週間』と大学書林(出版・読書メモランダム)

これも古本屋の均一台から拾ってきたものだが、大学書林の徳川義親、朝倉純孝『馬来語四週間』、本連載517の今岡十一郎『洪牙利語四週間』、同279の日本出版社の久田原正夫『タイ語の研究』を入手している。これらは大東亜共栄圏幻想の拡大に伴うようにして刊行、もしくは版を重ねていったと思われる。前者の「語学四週間叢書」には同879の日本エスペラント学会の小野田幸雄『エスペラント四週間』の他に、竹内幾之助、出村良一『蒙古語四週間』、木村一郎『印度語四週間』なども含まれている。 (今岡十一郎著) それらの戦時下の出版状況はともかく、昭和三年に佐藤義人が創業した大学書林はこのような言語も扱う語学出版社として異…

続きを読む


スポンサーリンク

本のニュースまとめ
DVDレンタル